スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【美術新報】 スサノヲの到来

P8211607.jpg


渋谷区の松濤美術館へ「スサノヲの到来」を見に行った。
小規模ながらも密度の濃い展示。時には荒ぶる自然、時には英雄神、また時には芸術神として縄文から現代作家まで多くの作り手に霊感を与えてきたスサノヲ概念を通して時代時代の神話的表象を通覧できる。いわゆる美術品だけでなく資料の展示もあり、民俗学方面からのアプローチもある。

会場ではまず、神道の性質上あまりお目にかかる機会のない神道彫刻(神像)が目を引く。とはいっても、そのほとんどは仏像の影響下にあり神道ならではの特徴は見られない。大野明山の素戔男尊像もどこから見ても完全に不動明王で、本人のコメントにもそうある。怒りの表象という面での素戔男尊との共通点に着目したのだろうが、はっきり言って工夫のない退屈な作品だ。

復古神道を興した平田篤胤については一章を割いていた。
急な西洋思想・学問の流入によって伝統の価値感が危ぶまれるようになった江戸期と、震災やその後の二次災害による安全神話の崩壊/アイデンティティ喪失に直面している現代は状況として一部重なるものがある。そこで神様という概念を用いて日本人の自信を取り戻そうとしたのが平田篤胤だ。以前とある方に震災と神様人形を関連付けることを提案された身としては、その仕事に無関心ではいられない。

最後に纏められていたのは神話や神様を扱った現代美術作家の作品。
自分が関心を持てる主題の現代作家作品を鑑賞できたのは初めてかもしれない。特に、以前奥野ビルのギャラリーで見かけて以来気になっていた佐々木誠さんの作品に出会えたのは嬉しかったし刺激を受けた。

美術作家にとっての展示というのは、個別の作品の出来を見せるというのは勿論あるが、それよりもそれらを通して作家が持つテーマや問題意識・世界認識をオーディエンスと共有するのが目的で、さらには美術的意義を提示できれば最高だ。その見地からいくと(他の見地など無いが)、様々な主題を持った(あるいは持っていない)作家が集まるグループ展ではキャリアとして評価できるレベルの展示を行うのは難しい。誰かがキュレーションしているならともかく、お友達同士が集まった仲良し展からは趣味性以外のものを読み取るのは困難だ。が、こういう作家さん達となら明確な主題のあるいいグループ展が出来そうに思えた。どこかでお知り合いになりたい。

ミュージアムショップでは土偶のレプリカを販売していた。
「縄文のビーナス」の1/1レプリカも置いていたので、東博の国宝展で買い逃した方はチャンス。



スサノヲの到来
渋谷区立松涛美術館
8/8-9/21






ん?この土偶、三つ目がとおるに出てたやつだ(゜゜*)
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

【美術新報】 なんと!ビジネスマンになりたいともうすか!

DSC_2163c-2.jpg 私は朝の夢をみる I dream of the morning 〔Character Image Photo Series "鹿目まどか"〕


目黒でファインアートとしての写真講座を受講してきた。
ファインアートとしての写真とはつまり現代美術を写真でやることだ。
だからこれはそのまま現代美術、現代美術家の養成講座と捉えることができる。

「皆さんはファインアートの世界で何をどうやったらいいのか、やっていけばいいのか分からなくて困ってらっしゃるんだと思います。それも当然で、驚くことに日本ではそうした事を教えてくれる場所はないからです。なんと大学でも教えない」という言葉から始まった5時間の講義はとても刺激的で新しい発見に満ちていた。

しかし、基本的なことを教わっているのに「新しい発見に満ちている」というのは、言うまでも無く非常に問題だ(笑)
最近ちょっと自信が付いていたのにまたボコボコに凹まされてしまった。
落ち込むのは成長の前段階だから有難いのだが、だからといって気分が晴れるわけでもない…。

お話は非常によく理解出来たし、付いていけたとも思う。
未熟ながら自分の勉強の方向性、考え方は合っていたと確認できたのはいい材料だった。
これからはこちらの先生の元にポートフォリオを持ち込み、指導を仰ぎたい。


これまでの勉強と合わせて、現代美術の世界がどこにあるかはわかった。
そしてそこにどうやって参入するのかも見えた。
しかし実力不足からまだ扉をくぐる事は適わず、その外周をぐるぐる回っているというのが俺の今の状態だ。
インテリアアーティスト(非現代美術家)としてはそこそこでも、ファインアーティスト(現代美術家)とは言えない。

ただ、周囲から覗いているだけでも色々とわかることもある。
日本の現代美術界は狭く、石を投げれば知人に当たるような世界らしい。
その意味では創作人形の世界と大差はないが、その中心には世界の巨大な「現代美術マーケット」へと繋がる秘密の扉がある。

これは「外人に作品を売る」というような単純なものではなく、現代美術という名の一つの資本主義構造に組み込まれるということを意味する。ここに名を連ねるのがすなわち世界的アーティストだ。つまり現代美術というのは一言で言えばビジネスなのですな。


ゆきまさは さとりをひらいて
ビジネスマンに なった。






またいつでもくるがよい!(^▽^)†
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

【美術新報】 ここはまだ冬ですけど

R0021491-3.jpg



東博の鳥獣戯画展が人気で、入場三時間待ちだそうだ。
ここ近年は高齢化社会の影響で平日にも関わらず都内の美術展は大変な混雑を見せるようになった。
屋外で何時間も待たされては高齢者は体調を崩してしまう。関係者の間では問題視されているようだ。

会社勤めをリタイヤしてなにか文化的なものに触れたいという美術ライト層の主な関心の対象はルーブルや大英といった権威や日本美術などの伝統美術なので、そういう展示会に行きたい場合は金曜の夜間開館を狙うのがお勧め。

また、最近はこういうサイトもあるので利用してみてはどうだろう。
あの展覧会混んでる?
見てわかるとおり、ソースはツイッターなのであくまでも参考に留めておくのが無難だろうね。

一方、俺の好きな現代美術系の展示は平日は閑古鳥が鳴いている。
あの世界的アーティスト、ガブリエル・オロスコの展示をやっているというのにMOTのロビーには誰もいない。
創作人形の世界よりは遥かに広いが、現代美術なんてこんなものだ。世界的にはどうだか知らないが、マイノリティのカルチャーという意味でなら日本ではサブカルチャーである。

…俺の個展まで潰れないでいてくれよMOT(笑)





お父さんはどこまでも冬の旅人ね…(-_-;)
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

【美術新報】 ESPRIT DIOR

R0021122.jpg



昨年末、汐留ミュージアムに「形而上絵画」で有名なデ・キリコ展を見に行った。
シュルレアリスムの成立に影響を与えたという面でも重要な画家だ。

シュルレアリスムは1924年のアンドレ・ブルトンによる『シュルレアリスム宣言』に端を発し、
第二次世界大戦勃発までの十数年間ヨーロッパで流行した美術動向(イズム)だ。
その後はアメリカの抽象表現主義の一部の作家に受け継がれていった。

1930年頃には日本にも伝わったが大きな潮流を形成するには到らなかったらしい。
現代でもアングラ系を中心にこれを好む作家は一定数いるが、そのほとんどは単に雰囲気を楽しんでいるだけで、
現代における新しいシュルレアリスムの展開を見せてくれるわけではないようだ(海外にはある)。

などと書いたが、今回はキリコ展の記事じゃないんだ。
帰りに銀座のギャラリー巡りをしていたらディオールの展示会をやっていた。
丁度モードにおける芸術性に関心を持っていた所なので、場違いとは思いつつふらふらと入ってみた。
会場内での撮影も許可されていたので、これを紹介してみる。

横トリの記事が途中だったけど、もう飽きたからいいや(笑)



【美術新報】 横浜トリエンナーレ2

R0020969.jpg
福岡道雄 「何もすることがない」



つづき。

横浜トリエンナーレ2014のアーティスティック・ディレクターは、歴史上の著名人に扮した
セルフポートレート写真で世界的に有名な現代美術家、森村泰昌さんだ。
このディレクター任に合わせてか今年は著作を数冊出しており、俺も二冊ほど目を通した。

現代美術としての写真と、いわゆる「写真家」が動物や風景、スポーツを
撮影する写真はジャンルが違う。例えばアラーキーは前者の文脈で評価される事が多いが、
ネコ写真で有名な動物写真家の岩合さんは後者だ(厳密な区分けは難しい。横断的な写真もあるし)。

よく「アラーキーの写真はきれいじゃない」と批判する人がいるが、前回のエントリで触れた通り、
そもそも現代美術は「きれい」という価値を軸にしていない。
大体、そういう極めて主観的な価値判断を基に美術が成立しているなら、
美術研究者や評論家なんている筈がない。

では、現代美術としての写真はどのようなものなんだろう。



著者近影

白川行雅(シラカワユキマサ)

Author:白川行雅(シラカワユキマサ)
美術家。神道・民間信仰・オカルト等をテーマに美術と宗教の関係を再構築。神様を作ってギャラリーで神社をやったりご飯を食べない嫁を売ったり。伏見稲荷正講員。初詣は白川稲荷神社へĦ Profile(CV)

2016 出展予定
【第6回・創作表現者展】
2016年12/9(金)~12/18(日)
DORADO GALLERY

【Photonico】
2016年8/17(水)~8/28(日)開催中!
Tokyo Institute of Photography

【ACT ART COM】
終了しました
The Artcomplex Center of Tokyo

【ACTアート大賞展】
終了しました
The Artcomplex Center of Tokyo

他いろいろ
Flickr寫眞館
作品随時追加中
Created with flickr badge.
目次
白川神社公式アカウント
美術・人形・寫眞・神社・展示情報・其ノ他日々ノ由無事ヲ呟ク
作品錄
写真以外の作品ハ此方。クリツクデ詳細ヲ閲覧可
文箱
御問合ワセ、出展の御依頼等ハ此方カラドウゾ(更新は終了しましたが、メールは届きます)

御名前:
メヱルアドレス:
件名:
本文:

其ノ他
此ノブログヲリンクニ追加スル   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。